濃いメイクにさようなら!埋没法で平行二重になりました。

小さい頃からずっと一重まぶたな私。
子供の頃は「いつか二重になるかもしれないよ」と言われていたので期待していたのですが、いくら大人に近づいても二重まぶたになる兆しはありませんでした。
そして二重まぶたになることなく大人になった私は埋没法平行二重で、無事に一重から卒業できました。

埋没法に辿り着く前にまず試したのは「アイプチ」です。
初めて使ったのは高校生の頃でしたね。
最初はうまくいかなかったのですが、毎日練習するうちに両目共綺麗に二重まぶたにすることができました。
ですが、高校生なので校則でメイクは禁止されており、できたとしてもナチュラルメイクだったのでどうしてもアイプチが浮いてしまっていました。
周りの生まれつき二重まぶたの子と比べるとどうしても違和感がありますから、前髪をギリギリまで伸ばしてできるだけまぶたが目立たないようにしていましたね。

そんな高校生活も終え、大学生になった私は二重まぶたをアイプチではなく、絆創膏で作るようになりました。
絆創膏を細く切って使うことでアイプチよりナチュラルに仕上げることができますし、何より長持ちするので一重まぶたに戻っていないか都度確認しなくても良いのです。
また、何よりも嬉しかったのがメイクを自由にして良いことです。
アイシャドウにしてもアイライナーにしても自分好みにいくらでもメイクすることができるので、ナチュラルな二重まぶたに見えるメイクを何度も研究しましたね。

ですが、絆創膏を目立たないような二重まぶたにするためにメイクをすると、どうしても濃いメイクになってしまうのです。
自分でも似合っていないと思いましたし、周りからも「ひと昔前のギャルみたい」と不評でした。しかも、濃いメイクだと時間が経つと絆創膏の周りのメイクがよれてしまうことも多く、何度も鏡を見なくてはいけませんでした。
しかし、その後に試した埋没法が効果てきめん!
毎日のメイクも本当に楽になりました。

目から受ける印象はとても大きいものです。
一重まぶたであればどこかきつい印象を受けますし、ぱっちりとした二重まぶたであれば優しい印象を受けます。
今後は、ナチュラルメイクを心がけようと日々研究しています。